日本伝統再築士会の沿革

日本伝統再築士会の沿革は、平成25年に再築基準検討委員会の答申に基づいて策定された再築ガイドラインに基づき、次世代に引き継ぎたい文化的価値の高い伝統的な木造建造物を残す為の専門の知識を有するものを育成することを目的とした資格制度(伝統再築士)を一般社団法人住まい教育推進協会が創設し、一般社団法人全国古民家再生協会と連携図り展開して参りました。
今後、より日本の伝統的な家屋(古民家)を後世へ受け継ぐことを目指し、一般社団法人として平成29年2月に発足しました。